ナンピンの幅を決める

50pips下がるたびにナンピン買いを繰り返し、
平均買い付け価格より50pips上回ったら
決済売りをするというナンピン手法もありだと思います。

この50pipsごとのナンピン買いが
どこまでできるのかを計算しておくと良いでしょう。

どの通過も史上最安値付近まで下がるということは、
よほどの事がない限りあり得ませんので、
現在の値から史上最安値まで下がっても
大丈夫な様にナンピンを繰り返すというのは
非常にローリスクでより確実に
利益を上げることができる取引手法では無いでしょうか?

ナンピンでどれだけの損失が出るのかというのは、
計算で簡単に出すことができますので、
一度エクセルなどの表計算ソフトを使ってシ
ミュレーションしてみるのも良いでしょう。

ナンピンロングポジションの利点は、
ナンピンしていてもスワップポイントでの
利益を得ることができますので、

もしロスカットされたとしても、
下がる期間にもよりますが、
たまりにたまったスワップポイントで
投資金額の50%くらいは残ることも考えられますよ。

一度シミュレーションしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です