メジャー通貨とマイナー通貨

外国為替にはメジャー通貨と
マイナー通貨の2種類の分類に分けて
取引がされています。

マイナー通貨とは、
普段一般的に取引されていない
トリコリラなどの市場流通量の少ない通過となります。

このマイナー通貨は取引できるFX業者も
少ないという欠点もありますが、
市場流通量がメジャー通貨と比べて
少ないため値動きが激しいという特徴があります。

また、市場流通量が少ないため
世界的な経済の波には飲まれにくい
ということもあり高金利で取引できるという
メリットもあります。

もしマイナー通貨を取引できる業者があれば
口座を開いてマイナー通貨の取引をしてみましょう。

メジャー通貨は市場流通量が多いので、
マイナー通貨と比べて値動きが読みやすいという特徴があり、
テクニカル指標もマイナー通貨に比べて
的中し易いという特徴もありますので、
メジャー通貨の取引が一般的に行われています。

一般的にFX業者で取り扱われているのは
メジャー通貨がほとんどですので、
マイナー通貨を使って取引をするよりは安心して取引ができるでしょう。