ドル円下落

昨日はユーロ円で意外な展開、
勝利して喜んでいたのに、
今日は最悪です。

ナンピンはやはり自分にとって危険なのに思わず、、
逆に行ったのに損切りしなかったのが大仇です。
来ると予想しての失敗。

よくチャート調べてたら昨日はドル円97円ぐらいです。
売りで入った方はさぞかし合格だったでしょう、
その後もかなり下落してもらってますね。
反発もほとんど無いとか。

ところでお盆休みにもうすぐ入る時期ですが、
やはり世の中の取引がすくない時期の読みは
待っておくべきでしょう。
まだまだ下落のサインかな。

お盆休みはモバイルでのトレードを覚悟していますが、
環境が変わるのでネットワークが心配です。
WIFIよりWIMAXのほうがいいのかどうか。

ファンダメンタル分析と金利の関係

その国の経済や政情等といった情報を分析して、
今後の値動きの予想を立てる事をファンダメンタル分析と言います。

主にどういう物が分析の材料として使われるのかというと、
雇用統計やGDP・政策金利等。
その国の偉い人の発言も大きく関係します。

特に金利は重要なポイントです。
景気が良くなると、金利は高くなります。

お金が多く出回っちゃうと物価が高くなってしまい、
大変な事になっちゃいます。
それを防ぐ為に中央銀行は金利を低くして、
何とか物価上昇を抑えようとするわけです。

しかし金利が高くなると、
得られる利益は多くなります。
当然投資家達は黙っている筈がありません。

注目が集まってガンガン投資して、
その結果通貨が上がって行くというワケです。

テクニカル分析と上手く合わせて行く事が出来れば、
大儲け出来る!かどうかはアナタの腕にかかっています!