為替介入

最近日本の中央銀行による介入は行われていませんが、
昨年までの民主党政権時の円高局面ではかなり介入が行われていました。

この為替介入には隠密介入と言われるものがあります。

外国為替市場で中央銀行や政府が為替介入を行う際に、
外部に全く公表せずに為替介入を行う行為をさします。

隠密介入が行われると当然のことながら
為替市場が大幅に動くということになります。

日本では2003年の円高字に
大規模でさらに断続的な隠密介入が行われました。
この際には国内外の色々な方から多くの批判を浴びることになりました。

あまりに市場が円高になっていたりすると、
政府による為替介入が行われることになります。
今でしたらブラジルや韓国、さらにはスイスなんかが継続的に行っています。

この政府の介入という行為は、
テクニカルチャートなどを
全く無視して行われることもありますし、
テクニカルの節目で行ってくることもあります。

¥テクニカルチャートメインで
トレードをしている人にとっては大きな
ダメージを受けてしまう事もあります。

政府が介入するといって介入する時はいいのですが、
隠密に介入が行われると手も足も出ません。

あまりにも市場が円安や円高に動いているときには
介入にも注意して取引をする必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です